こんにちは!ナベちゃんこと渡辺です。
今日は、株式会社仙台銘版の道路工事用安全LEDランプのご紹介をします。

”ニューネオソーラーⅡ”は、道路工事現場でよく見かける、ランプです。

特徴は複数のランプがあたかも示し合わせているかの如く、同時に同色ランプが点滅している点です。

私は、これを見たときついつい、見とれてしまいました。
たくさんの道路上のランプが同時点滅しているのを見て、最初はそれぞれが光通信で同期するように動いていると思いましたが、違いました。
答えは…それぞれが電波時計を持っていて同期点滅していました。

そして、ひらめきました!!

研修のテーマとして以下の事を考えました。

この同期点滅を光通信で制御し、点滅以外で利用する、例えば光データ通信です。この光通信システムの研修課題を作ってみたいと思っています。

この研修課題をやってみたい、という方は、ぜひ研修にお越しください!

…以下がメーカの画像と説明資料です。

ニューネオソーラーⅡは、電波時計の信号を受信し、 複数個の点滅のタイミングを揃えることができる工事灯です。

従来の工事灯は点滅のタイミングを完全にそろえることが難しく、同じタイミングでの点滅(同期点滅)に比べ、視線誘導において、安全性は劣るものでした。 同期点滅により、線としての視覚的な認識が増し、より安全に車両を誘導することができます。

太陽電池による電源供給

電源供給は太陽電池により行うため、配線不要で、環境負荷も少ない地球に優しい商品です。

出典:株式会社仙台銘版

https://www.s-meiban.com/products/kisei/newii-pat.html 2020.1.16